SKIN CARE COLUMN

初夏のスキンケア

2019/06/27

◎肌の状態
気温上昇による過剰な皮脂と汗の増加‥紫外線もより強く。梅雨の晴れ間の日差しや「曇り」の日も紫外線は確実に通過。最近の報告では肌の老化原因の80%は紫外線=シミに変化するメラニン、活性酸素を発生させます。その上皮脂は5〜6時間で酸化し始めるといわれ、毛穴に詰まった皮脂は酸化すると皮膚の再生機能を低下させターンオーバーの乱れに繋がります。紫外線によってできた活性酸素はその皮脂の酸化を促進しシミ、しわ、ニキビ等の要因に。この時期のお肌悩みは
・汗や皮脂で気づきにくいが、どんどん進むインナードライ
・過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まり、黒ずみ
・紫外線によるバリア機能の低下、それにともなう肌荒れ など。
◎お手入れ方法、対策 特に今必要なこと
・しっかりUVケア(キャロルプリーストは化学的な日焼対策より、日傘や帽子で守ることをお勧めしています)
・皮脂のケア=皮膚の水分油分を取りすぎない洗顔/クレンジング
・ぷりぷりの肌を再生するための食事と睡眠
◎キャロルプリースト初夏のおすすめアイテム
→リフレッシングクレンジングミルク(洗顔料)レモンやネロリの香りがやみつきに。万が一お肌に残っていても、バリア機能(オリーブによる酸化防止)の代わりになってくれる成分です。
→フランス産最高級の泥、アルジレッツ社の「イライト」が余分あ角質だけ&毛穴奥の汚れを吸着。高品質な植物オイルで保湿し柔らかなお肌へ。スペアミント、ローズマリー、レモングラスが日焼け後のお肌のほてりを沈静します。

6月からはこのアイテム!ターンオーバーが正常に行われていれば、シミのもとを作るメラニンも毛穴の汚れも、どんどん外へ排出され、素肌は透明感を保ちます。毎日のデトックスが、明日、1ヵ月後、1年後のお肌を作っていきますよ。

ページトップへ