SKIN CARE COLUMN

マカデミアナッツオイルの働き

2018/02/13

マカデミアナッツ抽出のオイルは、不飽和脂肪酸の働きにより皮膚細胞を再生し、あらゆるダメージから肌を守る働きがあると言われています。特に、植物としては希少な肌年齢と共に減少する「パルミトレイン酸」を多く含み(18〜25%)、またとても皮膚組織に浸透しやすい高級オイルです。加齢により減少したパルミトレイン酸を深層深部まで届けることにより、ふっくらとした頬のハリを作り細胞のターンオーバーを促進するとされ、マチュア(年齢)肌、ドライスキン対オプのお手入れに向いています。(イギリス IFPA)


キャロルプリースト製品、マカデミアナッツオイル配合配合されている製品は、インテンスフェイシャルローション(ローズ)
※化粧品の「全成分」表は、含有量の多い順に記載されています。

ページトップへ