SKIN CARE COLUMN

アボカドオイルの実力!

2018/02/01

アボカドの抽出オイルは、体内で合成できない必須脂肪酸,大変良質なリノール酸(GLAとなる因子)、オレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、パントテン酸や、ビタミン(A, B1, B2, D, E)を豊富に含みます。さらに、上質なプロティン(タンパク質)・酸化を防止するレシチンを含有します。
森のバターと言われるアボカドの実を絞ったオイルは濃度が高いのに、他のオイル(スイートアーモンドやオリーブなど)よりも皮膚組織へ簡単に浸透し、天然「日焼け止め」の働きもあるとされています。(イギリス IFPA)

保水力を回復しふっくらとさせる脂肪酸やビタミンと栄養豊富で抗酸化作用、そして浸透が速いといった機能は、乾燥、栄養不足、老化肌へ「アンチエイジング」としてのファクターに富む、とヨーロッパでは使われています。


キャロルプリースト製品、アボカドオイル配合率の高い順に、
モイスチャーシールドクリーム(アボカド)
フェイス&ネッククリーム(ローズ)
ナリシングナイトクリーム(ローズヒップ)
※化粧品の「全成分」表は、含有量の多い順に記載されています。

ページトップへ