ホーム | キャロルプリーストについて

about Carol Priest

キャロルプリースト 3つのコンセプト

1.「純度、高品質」皮膚からカラダに入れるものとして

石油(鉱物油)から作られた化学合成剤が、少しでも入っているものは使いたくない!
原材料すべてがピュア、有効成分が高濃度、ごまかしの無いものだけがほしい!

そんな意識の高い女性のために、1991年ニュージーランドで生まれました。
自然化粧品と謳われていても既存の流通に載る製品は、4%以上の石油系合成保存料が入っている現状ですが、パラベンなどはもちろん、植物由来の保存料フェノキシエタノール、ヒドロキシメチルグリシンやプロピレングリコール(厚生労働省が、皮膚刺激の為その使用を1パーセント以下と定めるアルコール)等でさえ使用しない基準の高さ。
保存料は全て天然由来の食品用であり、その微量使用を限界まで追及した「製造日より18ヶ月・開封後6ヶ月(日本では3ヶ月目安のご使用をお勧めします)」の使用期限は自然の生きた成分による正直な処方である証です。

2. キャロルプリーストのクリーム、クリームにこだわる理由

水質世界一ニュージーランドの水と、植物オイルの濃さと、天然のやさしい防腐剤(植物酵素・乳性酵素等)により、生きた成分が皮膚へ浸透。保湿を促し健康な肌へ。すべて「上質なオイルを酸化させないで浸透させるために水分で包み込んだ」クリームだからこその働きです。

3.”自然な”そして”かすかな”香りの重要性

調整されていない本物の植物成分だから本能的に良さを実感しやすいです。 “ローズのトナーをずっと使っていたら、今年の夏だけラベンダーに変えたくなった” り、今必要なものを五感で分かるようになるなどの声も。
キャロルプリーストのクレンジングクリームは、使用目的により天然由来成分で構成された香料を配合したもの(クリアリングクレンジングクリーム- ローズ)もあります。クレンジングはオンからオフ、緊張からやわらかなプライベートタイムと切り替わるドアと考え、純粋なエッセンシャルオイルによるアロマテラピー効果、素肌にとって毎日の香りがもたらす精神的リラックスを重要視しています。そして肌の健康を守り促進するクリームは全くの成分無調整でその濃度を最優先させた処方、例えばモイスチャーシールドクリームはアボカドの香りであり、インテンスナイトフェイシャルローションやナイトクリーム(ローズ)などはダマスクローズよりもマカデミアナッツオイルの香りが届きます。

キャロルプリーストは20年前から、そして今でもニュージーランドのネルソンにただ一店舗、その上質と信頼で韓国、日本へと口コミだけで広がりました。 是非「本物」をご体験ください。

▲ページトップへ